認知症 予防

認知症予防のために日常的に取り組むことができること

認知症にならないためにも、普段から予防をすることが大切です。

 

予防の仕方の一つとして、知的行動習慣というものがあります。文章を書いたり読んだり、またはゲームをしたりと身近な行動で難しく感じることはありません。この行動によって脳を働かせることができるため、認知症予防に効果があると考えられます。

 

 

また、ゲームといってもテレビゲームに限定されるものではなく、脳トレやパズルといった自分のやりやすいものから挑戦していきましょう。楽しみながらやることで、長く続けることが可能になります。さらに、文章を読む際には声を出して読むことも効果があると考えられます。声を出すことで脳に刺激を与えることがポイントになります。

 

そして、バランスの良い食事も予防に効果があります。食事は健康のもとであり、体作りの基本となります。さらにこの食事によって得ることができる栄養素が脳を働かせるもととなります。そのため、脳に刺激を与える行動をするとともに、食事にも気を付けることが必要となります。体が健康でなければ刺激を得ることができる場所に行くことが難しくなってしまいます。自分の体の健康のことを大切に考えてあげましょう。

 

さらに、人との会話も重要な予防行動の一つになります。人との会話によって、自分の知らなかったことや新たな情報といった幅広いジャンルに関する刺激を受けることができ、脳にも刺激を与えることができます。また、会話の仕方もポイントです。人と会話をする時に、相手の話を聞いたときにすぐに答えるのではなく、考えてから反応をするといった会話の仕方によっても脳に刺激を与えます。普段何気なくしていることのように感じますが、一つ一つの会話を考えながらすることによって認知症を防ぐことが可能になります。

 

また、人との会話によって周りとの交流を増やすことが可能になります。その交流によって外部からの刺激を多く得ることが可能になり、より認知症を防ぐことに対して効果があると考えられます。人との関わりの中で、新しいことや興味のある分野に関する刺激を積極的に受けていきましょう。

 

 

このように認知症は誰もがなってしまう可能性がありますが、防ぐために普段から行動することが可能になります。なってしまってからでは遅い場合があります。家族や周りの人に心配をかけないようにするためにも、普段から自分の行動によって脳に刺激を与えることができるように心掛けましょう。